記事一覧

セルフジャッジ。

こんにちは。

みなさん、審判のつかない試合(セルフジャッジ)で
ノットアップ(ワンバウンドかツーバウンド)の判定は
誰がするか分かりますか?

打つ本人か相手か???

こんな話を会員の方としていました。

確かに試合中にワンバウンドで取ったか取らなかったで
ポイントが止まってしまうケースを見かけることがあります。

あいまいにお答えすることができなかったため、ルールブック参照!!

セルフジャッジの試合では、
「ネットより自分側のコートについて判定とコールをする。」
となっています。

ということは、ワンバウンドかツーバウンドで取ったかは
打つ本人が判定することになります。

知らなかった方は覚えておいてください。

すると、新たな疑問が、、、

ネットより自分側のコートというと、ネットの上は???
サービスのレットの判定、コールは誰がするのでしょう?

答えは「レシーバー」です。

これは、多くの方がお分かりですかね。

セルフジャッジはクリーンに気持ちよくいきましょう!!

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

新倉 学

Author:新倉 学
テニスを通じて人の心を豊かにするために日々精進しています。

【資 格】
日本プロテニス協会認定プロフェッショナル
米国プロテニス協会認定プロフェッショナル
健康運動指導士

【戦 績】
横須賀テニス選手権シングルス優勝
鎌倉テニストーナメントシングルス優勝
川崎市民大会ダブルス優勝
横浜市民大会ダブルスベスト4

manabu.niikura99@gmail.com

FCカウンター

スポンサーリンク